民法 物権法定主義、一物一権主義、物権変動に関する意思主義、所有権の移転時期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,511
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    物権法定主義、一物一権主義、物権変動に関する意思主義、所有権の移転時期

    物権法定主義が採用された理由はなぜか?
    歴史的理由:民法制定前は権利関係が複雑→自由な所有権を確立→権利関係が再び複雑にならないように
    実質的理由:物権は排他性のある権利→他者の行動の自由を保障する必要→権利の種類を自由に創設できるとすると公示方法を用意するのが難しくなる→種類内容を限定
    物権法定主義に対する問題・批判はどのようなものか?
    物権の種類内容を限定すると社会のニーズに応えられないおそれ→次の条件が充たされれば物権的効力を承認してもよいのでは    ①その権利が自由な所有権に対する支障となるような封建的権利でないこと
    ②社会的に承認を受けている程に固まっている権利であること
    ③その権利の存在と内容を公示する適当な方法があること
    譲渡担保の存在意義は、どのような点に認められるか? 物権法定主義との関係は?
    担保物権:債権者に債権回収の確保のために認められる、他人の物の主として交換価値を支配する物権
    →この物権を取得すれば債権者平等の原則を排除して弁済を受けることができる
     慣習法上から認

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    物権法定主義、一物一権主義、物権変動に関する意思主義、所有権の移転時期
    【基本的確認事項】
    物権法定主義が採用された理由はなぜか?
    歴史的理由:民法制定前は権利関係が複雑→自由な所有権を確立→権利関係が再び複雑にならないように
    実質的理由:物権は排他性のある権利→他者の行動の自由を保障する必要→権利の種類を自由に創設できるとすると公示方法を用意するのが難しくなる→種類内容を限定
    物権法定主義に対する問題・批判はどのようなものか?
    物権の種類内容を限定すると社会のニーズに応えられないおそれ→次の条件が充たされれば物権的効力を承認してもよいのでは    ①その権利が自由な所有権に対する支障となるような封建的権利でないこと
    ②社会的に承認を受けている程に固まっている権利であること
    ③その権利の存在と内容を公示する適当な方法があること
    譲渡担保の存在意義は、どのような点に認められるか? 物権法定主義との関係は?
    担保物権:債権者に債権回収の確保のために認められる、他人の物の主として交換価値を支配する物権
    →この物権を取得すれば債権者平等の原則を排除して弁済を受けることができる
     慣習法上から認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。