民法:留置権 論点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数298
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    債権利益保存

    代表キーワード

    民法留置権

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    留置権
    【建物買取請求権と留置権】
    Q.借地借家法上の建物買取請求権(借地借家13条、14条)を行使した場合、売買契約が成立したことになるが、建物代金債権を被担保債権とする敷地の留置は認められるか?
    A.
    代金債権と建物との間には牽連関係あり
    代金債権と敷地との間には牽連関係なし
    しかし、建物を目的として生じた留置権の反射的効力として、敷地の留置ができると考えるべき
    ただし、敷地の占有権原はないから、賃料相当の使用利益の返還をする必要がある。
    Q.留置権を行使できる借家人(ex.費用償還請求権に基づく留置)は、賃貸借終了後、引き続きその家屋に居住できるか?
    A.できる
    留置権者には留置物を使..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。