最高裁 第三小法廷 平成6年2月22日 民法判例百選Ⅰ 97事件 担保権者による弁済期後の目的不動産の譲渡受戻し

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数561
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    最高裁 第三小法廷 平成6年2月22日 民法判例百選Ⅰ 97事件 
    担保権者による弁済期後の目的不動産の譲渡受戻し
    【事案】
             ⑥明渡請求
                            ①52万貸与
     X   ③明渡請求  Y         A
    ①A所有                  ①譲渡担保設定登記
    Y利用
                ④贈与し、Xに所有権移転
                        
    ①YはAから52万円を借り受け、自己所有の土地建物の所有権をAに登記移転し、譲渡担保設定登記を受けた。
    ②Xが入居してきたため、Yは建物退去を余儀なくされ、債務の返済を怠るようになる。
    ③YからXに対して明渡を請求。XからYに明渡される。
    ④XはAに相談して贈与契約を締結し、AはXに所有権移転登記を経由
    ⑤Yは残額と遅延損害金を供託
    ⑥Xは所有権に基づいてYに明渡請求
    【原審】
    ①債権者(A)が弁済期後に譲渡担保の目的不動産を第三者(X)に譲渡し登記移転したときは、清算されていなくても、債務を弁済して目的不動産を取り戻すことはできない
    ②譲受人(X)が背信的悪意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。