日本への陪審制度の導入の可否について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数326
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本への陪審制度の導入の可否について
    陪審制度には起訴するか否かを決定する大陪審と事実を判断する小陪審があり、民事裁判では後者のみが問題となる。民事陪審については20ドルを超えるコモン・ロー上の訴訟に関して憲法上の保障があり、エクイティに関しては陪審裁判はできない。
    手続としては、選挙人名簿・運転免許者名簿などに基づいて作成するリストから候補者を無作為で抽出し、欠格事由・免除事由などでふるいをかけ、選

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本への陪審制度の導入の可否について
    陪審制度には起訴するか否かを決定する大陪審と事実を判断する小陪審があり、民事裁判では後者のみが問題となる。民事陪審については20ドルを超えるコモン・ロー上の訴訟に関して憲法上の保障があり、エクイティに関しては陪審裁判はできない。
    手続としては、選挙人名簿・運転免許者名簿などに基づいて作成するリストから候補者を無作為で抽出し、欠格事由・免除事由などでふるいをかけ、選定されることとなる。選定された一般人は裁判を最初から傍聴して裁判官抜きに事件について討議し、白か黒の結論を出して法廷で発表する。そして、その結論について、理由の如何はともかく、担当裁判官は拘束され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。