刑事手続法第5回 強制採尿,血液・毛髪の採取等

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数773
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    刑事手続法第5回 強制採尿,血液・毛髪の採取等
    強制採尿については,【最決昭55・10・23刑集34-5-300】及び【最決平6・9・16刑集48-6-420】で実務は固まっていますが,本来どうあるべきかという問題は残されているように思われます。本当にそれで良いのか,良いとすればなぜかということも考えて下さい。  そのほか,指紋,毛髪,血液等の採取などについても,上記判例の射程範囲をどうみるかとの関係で,問題は残されているようです。  捜査の在り方の本質にさかのぼって考えてみて下さい。
    〔課題〕
     次の〔事例〕について,手続法上の問題点を検討し,これに対する

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑事手続法第5回 強制採尿,血液・毛髪の採取等
    強制採尿については,【最決昭55・10・23刑集34-5-300】及び【最決平6・9・16刑集48-6-420】で実務は固まっていますが,本来どうあるべきかという問題は残されているように思われます。本当にそれで良いのか,良いとすればなぜかということも考えて下さい。  そのほか,指紋,毛髪,血液等の採取などについても,上記判例の射程範囲をどうみるかとの関係で,問題は残されているようです。  捜査の在り方の本質にさかのぼって考えてみて下さい。
    〔課題〕
     次の〔事例〕について,手続法上の問題点を検討し,これに対する考え方を述べて下さい。また,仮に手続に違法があるとすれば,その違法性の程度についても併せて検討して下さい。
     なお,余裕があれば〔関連問題〕についても併せて検討してみて下さい。
    〔事例〕
     某日深夜,甲の邸宅に賊が侵入し,応接間に設置された金庫が破られ,現金1000万円が盗まれるという事件が発生した。翌日朝,金庫内の金を取り出そうとした甲の妻乙が,現金の紛失に気付き,直ちに警察に通報した。通報を受けた警察では,捜査員ら数名が甲方に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。