刑事手続法第1回身柄拘束をめぐる問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数599
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    刑事手続法第1回.身柄拘束をめぐる問題            
    〔設問〕
     次の事例について,手続法上の問題点を指摘し,これに対する考え方を述べて下さい。
     なお,余裕があれば,関連問題についても検討してみて下さい。
     〔注意〕
    1 検討に当たっては,まず,①事例のどの部分にどのような問題があるかについて,できるだけ仔細に(注意深く!)検討し,少しでも疑問があれば,これを全て指摘するように努めてみて下さい。次に,②それが何故問題となるのかを考え,「何故」について言及して下さい。その上で,③その問題点に対する自分なりの考え方を示すように努めて下さい。事案が長いので錯綜しているように見えますが,必要な事実のみを抜き出して整理すれば,問題点が見えてくると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑事手続法第1回.身柄拘束をめぐる問題            
    〔設問〕
     次の事例について,手続法上の問題点を指摘し,これに対する考え方を述べて下さい。
     なお,余裕があれば,関連問題についても検討してみて下さい。
     〔注意〕
    1 検討に当たっては,まず,①事例のどの部分にどのような問題があるかについて,できるだけ仔細に(注意深く!)検討し,少しでも疑問があれば,これを全て指摘するように努めてみて下さい。次に,②それが何故問題となるのかを考え,「何故」について言及して下さい。その上で,③その問題点に対する自分なりの考え方を示すように努めて下さい。事案が長いので錯綜しているように見えますが,必要な事実のみを抜き出して整理すれば,問題点が見えてくると思います。
    2 答案として作成する必要はありませんが,問題点を抽出した上でこれについての考え方を記載した「メモ」を作成してみて下さい。授業中,発言を求められた場合には,各自の「メモ」に基づいて直ちに発言できるよう予め準備しておいて下さい(場合によっては,当該「メモ」の提出を求めることもありますので,念のため申し添えます。)。
    3 特定のテーマ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。