社会学「伝統文化とはなにか」

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,496
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会学「伝統文化とはなにか」

    1.伝統(文字どおりの意味)

    歴史的に伝承された物質文化、思考や行為の様式、人やできごとなどについてのイメージ、さまざまな象徴群などを意味する。広義に解すれば、過去から伝えられた文化遺産である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学「伝統文化とはなにか」
    1.伝統(文字どおりの意味)
    歴史的に伝承された物質文化、思考や行為の様式、人やできごとなどについてのイメージ、さまざまな象徴群などを意味する。広義に解すれば、過去から伝えられた文化遺産である。
    通常、このような文化遺産は、社会が急速に変革されたり、あるいは大量に移入される異文化に遭遇するとき、二様の評価をうける。古い文化遺産を望ましいとする立場と、旧来の様式を陋習とし、発展を阻害するものとして退ける立場からの評価である。一般に他と比較して旧来の様式が優れていると信じられているものを伝統と呼ぶことが多い。また伝承された旧来の様式を、他の新しい様式より優れた産物であり、美風であるとする考え方は伝統主義とも呼ばれる。
    進歩や発展が望ましいとされる時代においては、伝統は過去の無知の産物、進歩の障害物とみなされる傾向が強い。しかし、このような進歩の思潮は、逆に伝統の発展を促すことも少なくない。伝統の担い手に伝統をよりよきものに精錬したいという願いがあれば、外発的衝撃を契機として、古い遺産のなかからより真なるもの、よりよきものが抽出され、新しい状況に適応するように再..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。