法科大学院 志望理由1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数980
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    法科大学院 志望理由書2
    大学では、報道被害についての救済方法を考えるために法律の体系的知識を習得するとともに、報道機関が抱える問題点を実践面から捉えることを心掛けながら、学部を超えて社

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法科大学院 志望理由書2
    大学では、報道被害についての救済方法を考えるために法律の体系的知識を習得するとともに、報道機関が抱える問題点を実践面から捉えることを心掛けながら、学部を超えて社会学部科目も積極的に履修した。成績は全体科目においてGPA評価、3.525を修めた。
    ゼミは法学部のメディア法ゼミと社会学部の社会調査法ゼミに参加した。前者ではブルーブックをもとに米国の報道被害に関する判例・事例を検討し、その法的救済方法理論の理解を深めた。一方、社会調査法ゼミでは被爆者の聞き取り調査をし、自身が身を持って取材・編集する側に立つことで、報道する側の言動や心構えを学ぶことに時間を注いだ。
    以上を踏まえ、卒業論文は犯罪被害者へのインタビューをもとに被害者に関する報道の問題点を取り上げ、その救済方法として被害者の補佐役的な弁護士制度導入を提案した。
    このように、大学では法理論や知識を学ぶ一方で、現場に赴き自分の足で情報を収集することで問題を発見し、その問題を法的思考により解決するという勉強方法を身に付けた。
    報道被害の救済方法に関心があった私は、大学時代、報道の現場を自分の目で見るためにテレビ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。