政治と社会 天皇の人間宣言にみる日本の近代化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数560
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    政治と社会
    天皇の人間宣言にみる日本の近代化
     私は戦後占領期における事象として、1946年1月の、天皇の神格否定の詔書、いわゆる、天皇の人間宣言をあげたい。これは天皇が国民にむかって、みずからの神格性を否定し、誤った観念をもたないように国民にむかって宣言

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政治と社会
    天皇の人間宣言にみる日本の近代化
     私は戦後占領期における事象として、1946年1月の、天皇の神格否定の詔書、いわゆる、天皇の人間宣言をあげたい。これは天皇が国民にむかって、みずからの神格性を否定し、誤った観念をもたないように国民にむかって宣言したものである。この人間宣言の直前の1945年12月には、政府は神道指令を出している。これは、国家と神道の分離をはかるもので、戦前までの非合理的な思想強化を廃し、神話を歴史と混同させるようなファナティックな、狂信的な国家主義を排斥しようというのがねらいであった。
     そもそも戦前に天皇はどのような位置づけにあったのだろうか?これは小学校・中学校..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。