科学思想史 人間の種における進化論的考え方の有用性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数409
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    科学思想史
    人間の種における進化論的考え方の有用性
    私はこのレポートで、Ch.Darwinの『種の起源』の一節から社会の中にみいだせる進化論的な考え方について述べてみたいと思う。
    まずは、次の一節をみてみたい。
    非常に古い言語のあるものはあまり変化せず、また新しい言語をほとんど生じさせなかったのに対して、他のあるものは(中略)おおいに変化し、また多数の新

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科学思想史
    人間の種における進化論的考え方の有用性
    私はこのレポートで、Ch.Darwinの『種の起源』の一節から社会の中にみいだせる進化論的な考え方について述べてみたいと思う。
    まずは、次の一節をみてみたい。
    非常に古い言語のあるものはあまり変化せず、また新しい言語をほとんど生じさせなかったのに対して、他のあるものは(中略)おおいに変化し、また多数の新しい言語や方言を生じせしめた、ということがありうる。同じ元から出た諸言語における差異のいろいろちがった程度は、群の元に群をおくというようにして表現しなければならないであろう。だが、本来の、また、唯一の可能なものである分類は、やはり、系統的なものである。そして、これが厳格に自然的なものである。なぜなら、それは消滅したもの及び現在のものを含めあらゆる言語を密接な類縁によって結合するのであり、それぞれの言語の派生と起源を示すものだからである。 『種の起源』
    これは、ダーウィンが人間の言語のダイナミクスと生物の進化パターンが非常によく類似していることに気がついていることを表している。
    続いて、次の一節をみてみる。
    人間にとって有用な変異がたしか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。