生命科学 独身女性のAIDに対する法規制の必要性について

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数526
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    独身女性のAIDに対する法規制の必要性について

    1.女性の進出

     働く女性が年々増えている。最近、テレビや雑誌などで独立・起業する女社長の話もよく聞く。また、男女の役割を交換し、女性が大黒柱となって暮らすライフスタイルも出てきた。昨年の内閣府の「男女共同参画社会に関する世論調査」によると、「夫は外で働き、妻は家を守る」という考え方への賛否が47%と同率で、賛成が5年前の調査に比べて約11ポイント減少し、男女の役割分担よりも共同参画の意識が

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    独身女性のAIDに対する法規制の必要性について
    1.女性の進出
     働く女性が年々増えている。最近、テレビや雑誌などで独立・起業する女社長の話もよく聞く。また、男女の役割を交換し、女性が大黒柱となって暮らすライフスタイルも出てきた。昨年の内閣府の「男女共同参画社会に関する世論調査」によると、「夫は外で働き、妻は家を守る」という考え方への賛否が47%と同率で、賛成が5年前の調査に比べて約11ポイント減少し、男女の役割分担よりも共同参画の意識が徐々に浸透していることが、ここからもうかがえる。
    男女雇用機会均等法が施行されてから、今年で、すでに17年になる。施行された当時の女性とその後に続く世代の女性たちでは働き方や仕事への意識、またそれに伴って、女性が望むライフスタイルは当然変わってきているだろう。結婚や出産を人生の中心に置くことも昔ほど重要視されなくなったし、また適齢期になっても結婚しない女性は増加の一途をたどり、それにつれて子供の出生数も減少している。現代の女性は教育レベルも男性に劣らず、収入面でも何不自由がなくなり、必ずしも結婚が幸せへの最終ゴールではないと考える女性も少なくないかもし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。