外国法 イスラム法レポート

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数536
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    法学イスラム法

    代表キーワード

    外国法イスラム法

    資料紹介

    外国法特殊講義レポート
    現代におけるシャリーアの必要性
    今日、全世界のムスリム人口は約13億人に達する。まさに地球上の五人に一人はムスリムということになるわけだが、そのムスリムの一切の思考や行動を決定しうるものとしてイスラーム法のシャリーアがあることを講義で知った。「法」といったら、社会をうまく機能させるために人間がつくるものだとばかり考えていた私にとって、社会の方がその法に従わなければならない、また法が社会を育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国法特殊講義レポート
    現代におけるシャリーアの必要性
    今日、全世界のムスリム人口は約13億人に達する。まさに地球上の五人に一人はムスリムということになるわけだが、そのムスリムの一切の思考や行動を決定しうるものとしてイスラーム法のシャリーアがあることを講義で知った。「法」といったら、社会をうまく機能させるために人間がつくるものだとばかり考えていた私にとって、社会の方がその法に従わなければならない、また法が社会を育てるといったイスラームの考え方は新鮮だった。
    イスラームと対極に論議される傾向にある現代西洋社会においては、権力を保持した者が、自分もしくは自分を中心とする集団の利得となるような基準を自らが想定し、それを物事の判断基準に据えている。それは資本主義社会に顕著に見られる傾向だが、社会主義や共産主義国などの非イスラーム国家においても政治的・社会的問題を絶対的道徳原理に照らし合わせて考察することなしに、変わりやすい社会の習慣や環境に鑑みて解決策を模索しているように見受けられる。それゆえ物事の「正」、「不正」はただ、その時の社会的・経済的状況の潮流に任せて形成された、よく言えば柔軟的な便..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。