『人間の条件』(プロローグ・1~3節)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数321
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハンナ・アレント(志水速雄訳)『人間の条件』(筑摩書房,1994年)
    Hannnah Arendt, The Human Condition(the University of Chicago Press,1958)
    【プロローグ】                                       
    ○科学によって作り出されてた状況に対するアレントの危機意識:驚異的な出来事として2例
      ①地球=「人間の条件」の拘束から逃れたいという人びとの欲望
       Ex.・人工衛星打ち上げへの人々の反応「地球に縛り付けられている人間が地球を脱出する第一歩」
       ・核分裂,生命の人工化,寿命伸長
          ⇒近代の解放と世俗化の終焉?,人間存在に対する反抗・交換
          ⇒知識と思考の分離,私たちは今後理解できる物事も理解できなくなるかも?
          ⇒言論が力を失う世界がやってくる?
    これは政治的問題!!∵言論こそが人間を政治的存在にし,人間の経験を有意味なものにする
      ②労働におけるオートメーション化
      ・有史以来からある労働に対する反抗,解放への願望→科学の進歩と技術の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。