特別活動研究 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数362
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学級活動を展開するにあたっての実践的課題についてまとめなさい
    児童会活動、クラブ活動、学校行事、それぞれの特質とその指導上の留意点について述べなさい。
    評価A
    1 学級活動は、児童が自ら所属する集団を、どのようにしてより住みよい場としていくか、また、どうすれば、一人ひとりがやる気をもって学校生活を送れるようにすることができるか、いわば、児童がかかえる生活上の諸問題を、学級担任の適切な指導のもとに積極的に解決し、学級生活をより充実したものとする自主的・実戦的活動であるところに大きな特色がある。この学級活動をすすめていくにあたって、以下のような実戦的課題が挙げられる。
    ①児童の心身の発達や学級の実態を考慮し、なるべく簡潔で、いずれの児童にも理解しやすい要を得た組織を工夫すること。
    ②日常の学級生活に密接にかかわる役割分担であり、児童の必要感から設置され、一人ひとりの児童が自分たちで作ったという意識がもてるように、児童による話し合いを通して構成された組織とすること。
    ③学級活動は形式的な組織ではなく、児童が活動の過程で検討し合い、その自主的な創意工夫によって改善できるようなものにすること。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。