特別活動研究 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数485
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2、戦後の教育課程の変遷で、教科外教育活動がどのように位置づけられてきたか、についてまとめなさい。
    評価A
     戦後の教育課程の変遷で、特別活動といわれる教科外の教育活動は、時代の発展とともにその位置づけにも変化がみられる。
     1947年の学習指導要領一般編の場合、教科外の教育活動に関しては、必ずしも、まとまった形では語られていない。しかし、自由研究の時間が新しく設けられた。これには、新しい道徳と倫理について述べた所で、民主主義的集団意思決定の方法を学ぶために、学校内に小型の議会や委員会を作ることや演劇、スポーツなどの集団活動の場を設けることを説いている。つまり、児童会や生徒会、クラブ活動などに相当するものについて、いろいろと触れているのである。したがって、この自由研究という教科は、現在の特別活動の原点のひとつと言っていいだろう。
     1951年の学習指導要領一般編になると、自由研究教科がなくなって、その代わりに教科以外の活動という時間が設けられた。教科以外の活動は、児童の望ましい社会的行動の発達に寄与し、道徳教育の目標にも合致するものとして捉えられたのである。この年によって初めて、「特別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。