総合演習 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数731
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、「総合演習」設置の趣旨の要点を示し、「総合的な学習の時間」との関連について検討せよ。
    2、活動や体験を重視する学習の意義について考察せよ。』
    評価A
    1、 今日は極めて変化の激しい時代であり、世界の人々の日々の営みは国境を越えて様々に影響を及ぼしあうようになってきている。二十一世紀を生きる子どもたちには日本国民であるとともに「地球市民」であることが求められている。さらに今日は、特定のある時点で学んだ知識は、短期間で「陳腐化」してしまう時代でもあり、我々は、将来にわたって常に新しい知識や技術を学び、自らのものとしていく力を身につけることが必要である。これら状況に対応すべく、「総合的な学習の時間」が新設され、その指導に当たる教員にもそれに相応しい資質能力が不可欠であるとして「総合演習」が設置された。
    「総合的な学習の時間」では、子どもたちが新たな知識をどれくらい獲得したか、知識を忘れずにどれほど蓄積しているかを測ることが教師に求められているのではない。どんな知識を選択し、選択した知識をどのように自らのうちに取り込み消化し自らの栄養とし、その結果が行動や思考に現れ、「自己の生き方」を見つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。