体育科教育Ⅰ②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,009
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校体育科の学力と具体的な評価の観点について論述せよ。』 評価A
    小学校体育科における学力とは、知識や技能に加え、学ぶ意欲や、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力などである。このことを受けて、体育科における学力は、三点ある。一点目は、運動の技能、運動や健康・安全についての知識・理解である。運動の特性である楽しさや喜びを味わうために、必要な技能を身に付けていることや、体力を高めるために、必要な技能を身に付けること、運動の特性と運動の合理的な実践に関する内容や運動の意義を理解し、知識を身に付けていること、さらに、健康・安全について課題解決に役立つ基礎的な事項を理解し、知識を身に付けていること等がそれにあたる。これは、学んだ力とも言える。なぜ知識や理解も大切かというと、運動機能を向上させるために、自分の運動のイメージをつかんだり、友達の運動を見てどのようにアドバイスすればよいかを考えたりするための基礎となるからだ。これらが伴わない中で運動を繰り返しても、運動技能や体力の向上は期待できない。二点目は、運動や健康・安全についての思考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。