社会学~官僚制

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,232
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学レポート
    ○官僚制の逆機能
    まず、官僚制の特徴をあげる。
    官僚制の特徴
    国家および行政機構に特徴的なシステムと思われがちだが、政党などの政治団体の他、企業、労働組合、福祉団体、NGO(非政府組織)などの民間団体にも見られる、「位階、階層」構造を持ったシステムである。
    基本的な特徴としては、以下の点が挙げられる。
    ○規則、官僚的に支配された組織の目的上必要な規則的活動が、職務上の義務として明確に分配されている。
    ○官職階層制および審級制の原則、上下関係の体系を持つ。
    ○文書による職務執行、職務の執行は文書によって行われる。
    ○職務活動、通常徹底した専門的訓練を前提とした専門的職務活動。
    ○職務範囲の明確化。
    ○専門的知識、職務執行のための専門知識を持つこと。
    官僚制の逆機能
      社会学の立場から官僚制を理念的に捉え合理的で効率性が高いと議論をまとめているが、それに反し、官僚制の機能が本来持っている個人の意思を組織機能上に影響させず。規則、規律の範囲で機械的に役割が果たされる特徴として、官僚制の機能を正しく機能させることが、かえって組織活動にとって悪い方向へとつながることを、社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。