教育方法学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数892
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか』
     今日の情報化社会において「IT教育」、「情報技術教育」での情報機器の操作、情報の検索、発信といった技術習得は不可欠である。しかし、情報機器をただ使いこなすことが目的となってはいけない。それ以上に重要で身につけるべき技術は情報を読み解く力、価値ある情報の選別、発信といったものである。これらの技術を身につける為にはやはり基礎、基本となる学力がベースとして備わっていなければならない。幾らコンピュータの操作がうまくても、これからの知識を扱う情報社会、そして知識を扱う教育において学習、対応していくことは困難である。また、教育現場においても情報化、知識化社会に伴い情報技術の導入は不可欠である。しかし、単に教育現場に導入するのが目的ではなく、導入した結果、教育上有意義なものを生み出さなければならない。学校が知識活用組織としてITを最大限利用し、学校間での専門的知識の伝達、共有を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。