学校教育課程論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数365
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。』
     戦後、我が国は天皇中心の天皇主権国家から国民中心の国民主権国家へと急転換し、民主主義国家をスタートさせた。それに伴って教育も「修身」に代表された国家主導の教育から民主教育へと転換し、国の近代化、人材の育成を教育の側面から支えるべく教育課程の改革が進められた。昭和20年当時、教育課程のあり方は生徒の興味から出発するものであり、国家が規定するものではないとされていた。しかし、時代の流れの中でその時代に求められる人間像や国の発展の為にときに国家中心的な教育課程が展開され、系統主義的な教育課程と経験主義的な教育課程を行ったりきたりするような変遷を辿っていく。
    昭和21年の「新教育指針」の自由な教科課程を作ることが期待された手引書を経て、昭和22年に新たに「学習指導要領 一般偏(試案)」が制定された。ここでも理念において教師、学校の創意工夫に重点におき、児童の要求と社会の要求を踏まえた教科過程が求められている。また画一的な教育は意図されずあくまでも手引書扱いでいわゆる経験主義的な指導要領であったといえる。内容と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。