『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,973
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」のことを言い、明治時代から現代に至るまでの日本の社会を指すものとして認識されている。この学歴偏重主義はわが国において非常に根強く浸透しているため、求職者のほとんどが「受験」を経験し「合格」を通過し、そして「学歴獲得」を成し、「高い地位・特権」を獲得しようとするといった一連の流れを踏むのである。よってその人に実力や能力がなくても将来的には学歴による早期出世や、高収入が見込まれるのである。逆に言うといくら実力や能力があっても学歴が備わっていなければ生きる世界、活躍する世界は制限されるといえる。社会には様々な家庭環境や諸条件などにより、低から高までの学歴が存在するが、それぞれがそのまま就職や収入、昇進、結婚などに結びつくことが多い為、「学歴差別」として批判され、階級社会の再生産と指摘されているのである。また近年の不景気によるリストラや企業の倒産、高学歴、高地位の人間による不正や不祥事などにより、所謂「学歴社会の崩壊」、「学歴社会に対する批判」というものがますます噴出してきている。
    学歴によって個々人の能力・実力を判定することが妥当であろうとされる日本社会において学歴は無視することのできない要素である。例えば、「漠然とした社会的評価」というものがあり、これは学歴と就職率、各種公務員試験、資格試験との関連性を大筋ではあるが、示したものから得られる大体のイメージがあったり、あるいは学生の社会階層から発生する「各大学のブランドとしてのイメージ」という側面などがある。さらには、単なるイメージとしてではなく学歴の高低が学習内容のレベルの高低とダイレクトにつながるという「人的資本論」というものがある。これは大学間(学歴)の教育水準の差や技術、設備の差が個々人の知識・技術の水準の差に直結するものである。また、学習歴を軽視し、学歴(学校歴)を重視するといったいわゆる「スクリーニング仮説」とよばれるものもある。これは職業上の知識・技術を学校教育で身につけているとは想定せず、学歴獲得の為の課題の習得、テストでの結果が入社後のスキル習得にもつながるとする考え方である。つまり学歴を入社後の訓練可能性を表わす指標として評価するため学習歴より学歴を採用の基準とし、スキルは入社後の研修などによって身につけていくとするものである。しかし、学歴の高い人間が必ずしも職業的能力が高いかというと決してそうではなく、学歴が低くても職業的能力が高かったりする場合があり、一概に学歴と能力の関連性を断定することはできない。したがってこのような指標を基にする人材確保は必ずしも適切であるとは限らないが、合理性や手間が省けるといった側面から考えると捨てきれない方法なのである。また求職者側もこのことはよく理解しているので学習内容よりも学歴獲得に走るため学校での勉強は単なる通過点に過ぎず、各々の条件に見合った範囲内で学歴獲得をめざすことになる。したがって様々な打算が働くことによって無制限な高学歴化は起こらないし、教育への必要以上の投資にも魅力を感じられなくなるのである。次に「統計的差別理論」というものがある。これも教育内容(学習歴)を重視せず、学歴を重視するといったものであるが、ここでは学歴を訓練可能性とつなげることをしない。求職者の実力や能力には注目せず、求職者の属性を統計的なデータから検証し、企業にとってそ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」のことを言い、明治時代から現代に至るまでの日本の社会を指すものとして認識されている。この学歴偏重主義はわが国において非常に根強く浸透しているため、求職者のほとんどが「受験」を経験し「合格」を通過し、そして「学歴獲得」を成し、「高い地位・特権」を獲得しようとするといった一連の流れを踏むのである。よってその人に実力や能力がなくても将来的には学歴による早期出世や、高収入が見込まれるのである。逆に言うといくら実力や能力があっても学歴が備わっていなければ生きる世界、活躍する世界は制限されるといえる。社会には様々な家庭環境や諸条件などにより、低から高までの学歴が存在するが、それぞれがそのまま就職や収入、昇進、結婚などに結びつくことが多い為、「学歴差別」として批判され、階級社会の再生産と指摘されているのである。また近年の不景気によるリストラや企業の倒産、高学歴、高地位の人間による不正や不祥事などによ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。