生徒指導・進路指導の研究(初等)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数217
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明せよ。』
     今日の学校教育では、教科指導と同じだけ生徒指導のもつ比重は大きい。こうした教科外指導を適切におこなうためには、学校で起こっているさまざまな問題や、児童・生徒の変化を現象的に分析し、それを理解し、対処する方法が求められる。とりわけ、「いじめ」、「自殺」、「不登校」、「学級崩壊」などの問題は、最近の学校を取り巻くテーマとして避けることのできない事象である。
     特に「不登校」の生徒について教育相談をおこなう際に、まず子どもの状況を把握しなければならない。タイプが「神経症」の場合は几帳面、真面目である場合が多く、不登校に対して強い罪悪感を抱いている場合が多い。そのため、不登校であることを悪として教師が接していたり、他の生徒に当人に不登校のレッテルを貼るような発言をしないよう心がけなくてはいけない。教師の教育相談は、カウンセラーとは違って一対一の対応でなく、教室内、延いては学校に関わる生徒全員にも及ぶことがあるので、最新の注意を払わなければならない。
     「無気力」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。