道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数274
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『現代の道徳教育の課題について述べよ。』
     人間にとって道徳とは、人間の生き方を示すものであり、人類に対して真理を示すものである。そして古人の考え・経験から学び、そこからさらなる発展をしていく必要がある。
     まして、現代の情報社会と呼ばれる世の中で、様々な情報が飛び交う中、正しく・自分に必要なものを吸収するには、高水準の教育が必要である。元来人間は、従来の考え方を維持すること、思想を保守することに安心感を覚えるので、自己を見つめ、自己を検証するようにさせることも重要な課題である。
     したがって、教育基本法第1条の「教育は、人格の形成の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値を尊び、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行わなければならない」とあることや、第2条の「教育の目的は、あらゆる機会に、あらゆる場所において実現されなければならない」とあることからもわかるように、人格形成のため、個々の適正も鑑みながら、いかなる時も道徳教育の場だとして臨まなければならない。
     カントの言うように、「人間の感性を否定し、理性を求..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。