小児の栄養の意義について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,107
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児の栄養の意義について述べよ。
     小児は発育の材料として栄養が必要である。正しい栄養法を行わないと健全な発育は望めない。
     乳児では母乳栄養、混合栄養、人工栄養、離乳というように栄養にかかわることが多い。幼児期になると、体の大きさに比べて成人よりも運動量が多くなり、運動のために消費される栄養の補給も必要となる。乳児でも幼児でも、体が小さい割に成人に比べて栄養摂取量が多い。
     栄養は身体発育に直接関係するだけでなく、精神面の影響、生活との関係も深い。
     しかし、単に食事だけさせていればいいわけではない。健康な体を作るためには、適正な栄養が必要であり、感染に対する抵抗力が十分でなく、消化・吸収機能も未熟なので配慮する必要がある。
     おもな栄養素をあげる。
    たんぱく質、人体を構成するのに必要な栄養素である。またエネルギー源ともなる。たんぱく質は発育が盛んな小児で特に重要である。たんぱく質は多くのアミノ酸が集まって構成されているが、健康を保つ必要なアミノ酸は、動物性たんぱく質に多く含まれているから、乳児や幼児では全たんぱく質の45%以上が動物性であることが望ましい。
    脂肪、主にエネルギーの供..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。