乳幼児の言葉を育てるための関わり方について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,708
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳幼児の言葉を育てるための関わり方について述べなさい。
     子育てをする中で、まだ言葉が話せない時期からも、多くの母親は生まれた時からわが子に話しかけ、コミュニケーションをとり、関わっていく。私自身も言葉をかけることは言葉を引き出すことにも、表現することにもつながり、大切だと考えており、意識してたくさん話しかけてきた。しかし、家庭での養育時の言葉かけではなく、保育者として、乳幼児の言葉を育てるためにはどのように関わっていったら良いのか考えたいと思い、この設題を選んだ。
    保育所保育指針では、「言葉の領域における保育の目標として生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を養うこと」と示されている。
    子どもは日常生活の中で、言葉を育てるとともに人間性を確立することが大切であり、さまざまな体験を通して学び、自分の中に取り込み、そして吸収していくものである。
    保育所保育指針において、「言葉」の領域は、幼稚園と同様、3歳以上の子どもについて、子供の発達側面から、健康、人間関係、環境、言葉、表現の5領域の1つとして設定している。
    乳児保育の場合は、月齢別のねらい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。