広汎性発達障害児(自閉症)の心性と対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,056
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    広汎性発達障害(自閉症)児・者の心性と対応を述べなさい。
    自閉症に対して曖昧な知識しかなく、保育士として働くことになったとき、しっかりと知識を持った上でないと正しい援助ができないと思ったので、こと設題を選び自分なりに調べ、考えてみた。
    自閉症とは、広汎性発達障害の中の一つとされている。
    広汎性発達障害とは、3歳以前に社会的相互交渉、コミュニケーション、想像力・創造性の3つの行動特徴をもつ生まれつきの発達障害である。
    第1に、社会的相互交渉については、顔の表情や身振りを用いない、理解しない。仲間関係を作り上げることに関心がない。楽しみや興味を共有することができない。
    第2に、コミュニケーションについては、話言葉が遅れる。会話が一方的で自分の興味・関心だけを話す。ごっこ遊びやふり遊びに関心がない。
    第3に、想像力・創造性については、限られたものに興味を持つ。手順や道順などにこだわる。常同行動・常同発声がみられる。
    広汎性発達障害には自閉性障害(自閉症)の他に、アスペルガー症候群、レット障害、小児期崩壊性障害、その他に特定不能な広汎性発達障害がある。
    上記すべてに典型的に当てはまるものを自閉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。