現代の社会情勢と乳児保育の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,740
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の社会情勢と乳児保育の課題について
    乳児保育とは、単純に乳児を保育することを意味するのではなく、ある条件を備えた乳児を、社会的な制度として一定の組織のもとで、特定の施設において保育する場合に称する。
    児童福祉法第39条に規定されるように「保育所は日々保護者に委託された乳児または幼児を保育することを目的とする施設」である。保育所だけでなく、このような保育に欠ける乳児や養護を要する乳児を保護・養育する施設(保育所・乳児院)における乳児の保育が「乳児保育」である。
    乳児保育は、社会公共的な性格を帯びるだけに、明確な保育の目標をもち、その目標実現のための計画があり、一定の組織のもとに、はっきりとした意図をもって乳児の成長・発達を援助する営みである。乳児保育は、意図的、目的的、計画的、組織的な保育であり、単に乳児の「世話をする」といった保育実践のみを意味する概念ではない。その保育実践を支える乳児保育の理論があり、乳児保育の方法論をもち、明確な保育内容を有するものでなくてはならない。したがって、乳児保育は、家庭における乳児の養育・育児とは区別されるべきものである。とはいっても、2つの生活が同じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。