児童養護に関して、近年家庭と社会との目指されるべき連携のありかた。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数763
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉経済子ども社会少子化児童介護発達

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童養護に関して、近年家庭と社会との相互協調、相互補完関係性の確立が強調されている。
    その背景と目指されるべき連携のあり方について考察せよ。
    近年、子どもの暮らしを左右する最も基礎的な環境である家庭や地域社会の変化がみられる。
    その原因として第1に、核家族化が進み、少人数世帯数の増加傾向にあること。育児支援策等が充実しているとはいえず、子どもを産み、育てることへの不安がある。
    第2に女性の就業率、共働き世帯の増加している。家庭収入を支えなくてはならない状況にある場合や、個人としての生きがいや自己実現のため、社会関係の保持などがあげられる。
    第3に地域社会とのつながりの疎遠化の進行。これから先も同じ土地に住み続けるか定かでなく、住んでいる地域に対しての愛着心が少ない。また、住宅形態や消費スタイルも多様、地域住民としての共通の関心や活動から疎遠になりがちである。
    このような家族や地域社会の変化により児童のおかれる状況も変化してきている。
    第1に、母親の就労により、生活時間の余裕がなくなり、子育てとの両立が困難になる。そのことで、母子との関係に歪みが生まれる。
    第2に、少子化により、家庭内の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。