離乳の定義を述べ、離乳の役割、離乳開始から4つの期間に分けて与え方を箇条書きで説明せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,619
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発達自立食品役割栄養精神野菜定義予防食事

    代表キーワード

    発達

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    離乳の定義を述べ、離乳の役割、離乳開始から4つの期間に分けて与え方を箇条書きで解説しなさい。
    離乳の定義
    離乳とは、母乳または乳汁栄養から幼児食に移行する過程をいい、この間に触行動の自立を促すものである。
    離乳の役割
    栄養の補給
    母乳や育児用ミルクだけでは発育に必要な栄養を満たすことができなくなり、食物を加えて栄養を補うことが必要になる。
    摂食機能の発達
    離乳期は舌や顎の筋肉の発達を促し、咀嚼の基礎を習得する時期である。その咀嚼に合わせた離乳食の形態が、摂食機能の発達を促し、食べ物を噛んで食べる咀嚼の基礎作りの役割をしている。
    消化機能の発達、生歯の促進
    消化機能の発達や、噛むことで生歯の始まりを促す。
    精神発達の助長
    食べることにより咀嚼をし、味覚、視覚、嗅覚、触覚などの刺激が大脳の発達を促し、精神発達を助長すると言われている。
    食事の習慣形成
    食事の時刻や一日の回数を定め、きまった場所で食べさせ、良い食習慣をつけていく。
    多くの食品の味に慣れさせ薄味になじませる。
    離乳期に食材の味を生かすような食事をすることで豊かな味覚形成にもつながる。
    離乳開始(5~6ヶ月頃)
    調理形態 ドロド..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。