幼児教育の指導方法に関する方法原理を5つあげ、それぞれの立場について考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,123
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    幼児法に関する方法原理を5つあげ、それぞれの立場について考える。
    幼児教育の指導方法に関する方法には5つの原理がある。
    自発性の原理
    いくことが重要である。
    教科書にもあるように、幼児は好奇心旺盛であり、さまざまなことに興味を持っている。今、何に対して興味を持っているのか、保育者は常にアンテナを張って、子どもの思いをキャッチできるように心がけなくてはならない。そして、すんなりと活動に入ることができるよう、環境を作ってあげることが必要だと思う。
    興味を持って活動し、成就・達成したときの喜びは次への活動への意欲にもつながる。そして、その成功感・満足感が次の自発性を刺激し、本当の意味での自発性が育っていくのではないだろうか。
    興味の原理
     幼児は自ら興味・関心を持つことで、自己発動のエネルギーとなり、興味の対象であるからこそ、最も効果的。効率的に学習を達成させることができる。
    児が現在興味を持っているものを明確に把握し、これを活かしてまだ持っていない新しい興味の開拓を試みることによって、多方面的興味を持たせることが重要である。
     子どもは自分の興味のないことに対してはとだけ活動させてあげられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。