統合保育とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数8,140
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども保育社会発達文化健康障害幼児

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    統合保育に対する自らの考え。
    現在、障害幼児養育の実践の場として、保育所及び保育者の担う役割は大きい。
    統合保育とは、様々な障害や個性を持った人々の学習や指導を統合して行えるようにしようという観点から、障害をもった幼児を健康児とともに教育・保育することをいう。
    したがって保育の形態も他の園児たちと同様、地域の保育園や幼稚園へ通い、同様の生活のパターンで過ごすこととなる。しかし、適切な教育を受ける権利があるのだから、その子どもの障害に応じた援助が必要である。その上で、同年齢の子どもたちと同様の園生活を可能な限り実現させていくことが統合保育のあるべき姿であると思う。
    育の長所と短所を理解しておく必要がある。
    長所として、障害幼児は、健康幼児から刺激を受け、影響し合うことで発達が促され、友人関係が広がり、互いに学び合うことができる。健康幼児には、いたわりの心や、思いやり、助け合いの心が育つ。また、日常的に障害をもつ幼児とかかわりにより、障害についての偏見を持つことなく、正しい知識を持って成長することができる。親は、健康幼児とともに過ごす喜びを感じることができる。
    流れがスムーズにいかないこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。