たてわり保育・オープン保育の特質と実施上の留意点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,579
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども教師保育学校幼児活動指導幼稚園原理

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    たてわり保育・オープン保育の特質と実施上の留意点
    育とは、いろいろな年齢の子ども達でクラスを構成し、活動すること。大きい子には思いやりや責任感が育ち、また、小さい子には大きい子への憧れや行動を見習おうという気持ちが生ろなことを吸収しやすいという特徴がある。一方的な大人の関係だけではなく、年上の子ども達から年下の子ども達へ。そして教えられる立場から、教える立場に。かばわれる立場からかばう立場へと変わっていく。幼くてもそうした経験を繰り返すことで子ども達が社会的な力を身につけ、たくましく成長していくことを促す。
      大きい子どもたちは小さい子どもたちの世話をしたり、リードする経験をすることで、自信をつけたり、年少者を慈しむ気持ちが養われたりする。逆に、年少の子どもたちは年長の子どもたちから刺激を受け、能力を伸ばすことができる。  日本の幼稚園や保育園、小学校の教育でも、「たてわり」が注目されている。その理由は2つあると思う。一つは、兄弟の数が減り、子どもたちの育ちの中で、異年齢の子どもと関わる機会が減っているため、「たてわり」によってそういう経験をする機会を与える必要性があること。もう一つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。