「カウンセリングの歴史と課題について述べ、これからのカウンセラーに必要な資質とは何か述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数464
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    カウンセリングとは、基本的には健康的で社会的な適応状態にあった人が、家族関係や学校や職業生活などの社会的活動において、何らかの問題(情緒的問題を持つ人々や、自らの生き方に問いを投げかけている人々)を抱え、その問題解決に援助を必要とする個人(クライエント)と、専門的訓練を受けて助力者としての資質を備えた専門家(カウンセラー)とが面接し、主として心理的コミュニケーションによって心理的影響を与え、問題解決へ向けて援助する人間の営みである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「カウンセリングの歴史と課題について述べ、これからのカウンセラーに必要な資質とは何か述べよ。」
     カウンセリングとは、基本的には健康的で社会的な適応状態にあった人が、家族関係や学校や職業生活などの社会的活動において、何らかの問題(情緒的問題を持つ人々や、自らの生き方に問いを投げかけている人々)を抱え、その問題解決に援助を必要とする個人(クライエント)と、専門的訓練を受けて助力者としての資質を備えた専門家(カウンセラー)とが面接し、主として心理的コミュニケーションによって心理的影響を与え、問題解決へ向けて援助する人間の営みである。
     カウンセリングは比較的新しい学問領域であり、いくつもの理論がある。その背景や歴史をたどりながら、これからのカウンセリングの課題、カウンセリングを行うカウンセラーに必要な資質について述べる。
    1)カウンセリングの歴史
     カウンセリングという名称で心理学的実践が始めてなされたのは、心理テストに基づいた助言指導・職業指導においてであった。1931年にカウンセリングという言葉が始めて文献に登場しており、第1次世界大戦を経て専門的心理テストが発達し、カウンセリングの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。