アメリカにおけるソーシャルワーカーの実践方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数263
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    アメリカのソーシャルワーカーは、福祉サービスを行なう際に、個別援助技術、集団援
    助技術、地域援助技術を良く理解した上で、どれが個人、特定の民族グループ、その他の
    集団、特定のコミュニティに最適なのかを評価する。
     ソーシャルワーカーが福祉サービスを行なう際には、直接援助技術と間接援助技術とい
    う二つの基本的な技法を用いる。この直接援助技術とは、面接、人間関係の促進、カウン
    セリング、危険防止等を内容とする技法であり、また、この間接援助技術とは、ソーシャ
    ルプランニング、ケアマネジメント、アドボカシー、地域の社会資源の活用等を内容とす
    る技法である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカのソーシャルワーカーは、福祉サービスを行なう際に、個別援助技術、集団援
    助技術、地域援助技術を良く理解した上で、どれが個人、特定の民族グループ、その他の
    集団、特定のコミュニティに最適なのかを評価する。
     ソーシャルワーカーが福祉サービスを行なう際には、直接援助技術と間接援助技術とい
    う二つの基本的な技法を用いる。この直接援助技術とは、面接、人間関係の促進、カウン
    セリング、危険防止等を内容とする技法であり、また、この間接援助技術とは、ソーシャ
    ルプランニング、ケアマネジメント、アドボカシー、地域の社会資源の活用等を内容とす
    る技法である。
     アメリカにおける高齢者福祉サービスを担当す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。