高齢者の心と健康の特色について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,148
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人間は、年月とともに老いるが、老いの実感は年齢という数字の大きさよりも、むしろ健康・経済・家族の状況が示す社会的価値の喪失によって生じる。体力が落ちて以前のようには歩けなくなったり、新たな収入がなくなったり、大切な肉親が亡くなったりすることによって老いを感じるのである。
     高齢者は、環境の変化に応じて自分を変えていく適応力が低下し、生活環境が急激に変化した場合などに体に不調が生じたり、気鬱になったりする。したがって、高齢者のケアで特に注意しなければならないのは、高齢者が精神的な原因で身体の不調を起こしていないかどうかである。
     人は成熟期を過ぎると老化が始まり、体の各部分の細胞が徐々に減って生理的な機能が少しずつ低下したり、運動機能も低下する。そこで、急な危険が迫ったとき、すばやく身をかわすなどの素早い動作が困難になる。したがって、老化による身体の変化に合わせて生活方法を変えたり、無理をしない範囲で適切な運動をすることが必要となる。また、ほとんどの高齢者は70歳以上になると記憶力が低下し、人間関係のトラブルを引き起こす。
     老化が進むと、心身の衰えからあたかも幼児になってしまったような..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。