アウトリーチの意義と目的について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,832
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士の通信教育で作成したレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アウトリーチの意義と目的について
    アウトリーチとは、ソーシャルワーカーが相談機関に持ち込まれる相談を待つのではなく、問題を抱えた人がいる地域社会やその人たちの生活空間に出向き、相談援助というサービスを提供することである。問題を抱えた人がどのような人を指すかというと、まず社会資源や情報量が不足している人や地域社会のことだ。様々な環境で暮らすクライエントの中には、それらが不足しているクライエントも大勢いる。そうすると、必然的に知識も無い状況が生まれ、相談援助を今すぐにでも受けるべきにも関わらずクライエントは自ら行動が起こせなくなる。また、動機づけが乏しい為に行動を起さなかったり、クライエントと接することに抵抗感を持つ人のことも指す。
    第一段落で、最初に挙げた問題が社会資源や情報量の不足だと述べたが、ここではその目的や意義を述べるにあたり、社会資源の問題解決よりも、一人のワーカーとしての意義や役割により焦点を当てるため、抵抗感の軽減や解消に論点を絞る。
    そのうえで考え得る、アウトリーチの目的は何なのか。一番はクライエントとの関わりを持つことで信頼関係の構築を図ること、そしてクライエントの姿勢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。