国際ソーシャルワーカー連盟の「ソーシャルワークの定義」を熟読し、ソーシャルワークの価値について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数269
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価、精神保健福祉士の短期養成校レポートです。2000字程度。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際ソーシャルワーカー連盟は「ソーシャルワークの定義」を熟読し、ソーシャルワークの価値について述べなさい。
    本稿では、ソーシャルワーカーの国際組織である国際ソーシャルワーカー連盟のソーシャルワークの定義について要約し、ソーシャルワークの価値とは何かを考えたい。
    国際ソーシャルワーカー連盟では六つの要素に分けてソーシャルワークを定義している。六つの要素とは①人間の福利の増進を目指す②社会変革を進める③人間関係における問題解決を図る④人々のエンパワーメントと開放を促す⑤人間の発達と行動や社会システムに関する理論を活用する⑥人々がその環境と相互に影響し合う接点に介入するである。すなわち、ソーシャルワークとは、人と環境についての全体論的な捉え方に焦点を合わせた様々な技能、技術、また活動を利用することである。ソーシャルワークによる介入の範囲は、主として個人に焦点を置いた心理社会的プロセスから社会政策、社会開発への参画にまで及ぶ。この中には、人々がコミュニティの中でサービスや社会資源を利用できるように支援をするだけではなく、カウンセリング、臨床ソーシャルワーク、グループワーク、社会教育ワーク、及び..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。