精神障害者の社会復帰において有用な社会資源のあり方を考察しなさい 。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数662
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価、精神保健福祉士の短期養成校レポートです。2000字程度。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者の社会復帰を考えるとき、人との関係作りが苦手な精神障害者の特性から、保健福祉などのフォーマルな社会資源が必要不可欠となる。しかし、フォーマルな社会資源にとどまらず、本人の地域での生活を支える基本的なサポートとして家族、友人、職場などインフォーマルな社会資源も求められる。生活を送る際に生じる様々な生活障害や環境問題に対して、そのニーズを充足するためには、様々な社会資源の整備が必要である。社会資源は現在インフォーマルなものを含め様々なものがあるが、今回は協議会の重要性と地域生活支援事業の一つである地域活動支援センターという社会資源に絞り考察していく。
     まず、社会資源のあり方を考える上で協議会は欠かせない。協議会とは、障害者等への支援の体制の整備を図るため、関係機関、関係団体並びに障害者等及びその家族及び障害者等の福祉、医療、教育又は雇用に関連する職務に従事する者その他の関係者によって組織される。主な役割として、個別事例を通して抽出された地域における課題について情報を共有し障害福祉サービスの提供体制の整備やインフォーマルな社会資源を含めた地域における障害者等の支援体制の整備に努め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。