相談援助活動における面接を効果的に行う方法について考察しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数658
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価、精神保健福祉士の短期養成校レポートです。2000字程度。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助活動を展開していくうえで、面接は必要不可欠なものである。面接は、クライエントと面接者との間で行われる「意図的な会話」であり、問題解決を支援していくという目的をもって行われるものである。また、面接は単なる個人的な経験や直感ではなく、これまで蓄積され確認されてきている一連の原則と技術に基づいて展開されなければならない。この相談援助活動における面接を効果的に行う方法について考察していく。
    まず、面接による基本姿勢についてバイステックの七原則というものがある。①個別化②意図的な感情の表出③統制された情緒的関与④受容⑤非審判的態度⑥クライエントの自己決定⑦秘密保持である。この七つの原則は互いに独立したものではなく、どれか一つの原則でもうまく適用できなければ、援助関係全体に不具合が生じ、よい援助関係を形成することはできない。
    そして、精神保健福祉士が面接時に用いるコミュニケーション技法として、ノンバーバル・コミュニケーションとバーバル・コミュニケーションがある。ノンバーバル・コミュニケーションとは言語を使用せず視線、表情、身振り、態度などでクライエントとメッセージを交わす技法である。バーバ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。