職場における精神保健福祉士の役割について、精神保健の観点から考察しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数479
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評価、精神保健福祉士の短期養成校レポートです。2000字程度。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神保健福祉士が狭義の統合失調症などの精神疾患を有し、長期入院を余儀なくされ社会復帰支援を要する人などを支援対象者と捉えていることは変わりない。しかし、現代の社会構造や人々が抱える精神保健福祉領域での問題の多様化により、メンタルヘルスにかかわる専門職としての幅広いフィールドの場で役割を発揮することが求められている。今回は何故現代の職場に精神保健福祉士が必要とされているのか、精神保健福祉士の役割とは何かについて考察していきたい。
    職場に精神保健福祉士が必要とされる理由として、近年の雇用情勢の悪化やうつ病などの精神疾患患者の急増、障害者の雇用促進や雇用支援施策の拡充等が背景にある。精神保健福祉士の支援は、ソーシャルワーク面接を通じて、面接の対象となるクライエントの話を傾聴し自己決定を尊重するための関わりである。しかし、今回のテーマである職場は、一定の成果を提供して対価を得る構造で成り立つ、利潤追求を主目的に運営される場である。そのことにも精神保健福祉士は留意しつつ、本人主体の支援を行うためには調整機能をよりよく働かせ、本人のみならず事業場に対するコンサルテーションや環境改善の働きかけが必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。