生徒指導・進路相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数400
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。』
     統計によると、不登校の児童の数は年々増えてきており、平成12年時点で小学生の279人に1人は不登校状態であるという。現代が少子化傾向にあるといったことを考慮に入れれば割合からするとかなり上がっていることになる。このことから不登校の児童とどう向き合っていくか、またどのように不登校を未然防止するかといった問題が今後の生徒指導で益々重要な意味を持つものになってゆくと考えられるし、また自分も将来教壇に上がった際にはきちんとした正確な知識を持った上で対処していかなければといった覚悟をあらためて固めることができた。
     以下に私がテキストを読んで自分なりに考えたことを整理してみようと思う。
    最も重要なことは、いかにして児童の不登校を防いでいくかということであるが、テキストには不登校児童の大方に言えることは「空間的・時間的」な居場所はあっても「精神的」な居場所がなくなっている、またそういったストレスを感じる児童の増加が不登校やいじめを促進していると説明されている。
    それであれば、教員が精神的な居場所を作ってあげることができれば、また生徒がやりがいや夢中になることを見つけることができれば、それできっとストレスは緩和されるだろうし、きっと子供が楽しく学校に通ってくれる大きな助けになり、不登校防止につながるはずである。そのために教員が具体的にできることを、私はテキストを参考に考え二つにまとめてみた。
     ①生徒が「勉強が楽しい・できる」と思える授業を目指す。
    ⇒学校生活の柱である「授業」を楽しんで受けることが
    できるか、もしくは嫌気がさしてしまった状態で受ける
    かではその児童の学校生活そのものに対する積極性はま
    るでちがったものになるだろうし、それほど授業は大きいものだと思う。だから私は授業や個別指導によってクラス全体に積極的な空気を流すことができれば、きっと「学校に来たい」と思ってくれる生徒も増えるのだろうと思う。私の理想の教員像も、このような授業を大切にする、そして生徒をひきつける授業ができるという教員であるので、いつか教員になったときには、工夫をこらした授業計画をしっかりと立てて、生徒に勉強ができる楽しさや、芸術を楽しむ気持ちといったものを感じ取ってもらえるようにしたいし、個別指導も生徒の理解によって時間が許す限り行いたい。このような授業に対する努力は不登校防止に大きくつながるのではないかと思う。
    ②保護者との信頼関係をなるだけ早期に確立する。
    ⇒テキストでも度々強調されているが、価値観が多様化
    している現代においては、益々このことが重要になって
    くるのではないかと思う。
    私が子供の時分、教師は、生徒はもちろん保護者に
    とってもある程度絶対的なものであったが、近頃よく新聞やテレビで目にするのは、何かと学校や先生ともめる保護者の姿である。保護者が間違っているとは言えないが、少子化の影響で過保護気味になっているのも確かだろうし、また上記の通り社会的な価値観の多様化による、教師と保護者との見解の食い違いも一因かと思う。
    このような状況の中で私がここだけは徹底して防止に努めたいと思っていることは、保護者が児童の前で学校や教員のことを悪く言及してしまうことである。児童にとって一番身近であり、影響力があるはずの保護者にそれをされてしまうと、教員が児童の信頼をつかむことはかなり困難になると思うからである。
    例えば、金髪で登校してくる児童がいたとして、その児童にいくら教員が説得したところで、家庭

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『小学校において教育相談をおこなう場合、どのような点に注意しなければならないか。』
     統計によると、不登校の児童の数は年々増えてきており、平成12年時点で小学生の279人に1人は不登校状態であるという。現代が少子化傾向にあるといったことを考慮に入れれば割合からするとかなり上がっていることになる。このことから不登校の児童とどう向き合っていくか、またどのように不登校を未然防止するかといった問題が今後の生徒指導で益々重要な意味を持つものになってゆくと考えられるし、また自分も将来教壇に上がった際にはきちんとした正確な知識を持った上で対処していかなければといった覚悟をあらためて固めることができた。
     以下に私がテキストを読んで自分なりに考えたことを整理してみようと思う。
    最も重要なことは、いかにして児童の不登校を防いでいくかということであるが、テキストには不登校児童の大方に言えることは「空間的・時間的」な居場所はあっても「精神的」な居場所がなくなっている、またそういったストレスを感じる児童の増加が不登校やいじめを促進していると説明されている。
    それであれば、教員が精神的な居場所を作ってあげること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。