理科教育法4 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数431
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    理科教育法4
     <理科の授業で生徒に【問題】を投げかけるときに大切にしなければいけないこと>について述べよ。その際、必ずテキストで学んだことに触れながら論じること。
    「実験とは何か?」について、テキストで学んだことをまとめ、自分の考えを述べなさい。
    討論をさせるときに注意しなければいけないことについて述べよ。その際、必ず、テキストにも書かれている「発言する権利」「発言しない権利」という文言を使って論述すること。
    「授業をする喜び(授業者の喜び)」について、テキストで学んだことに触れながら論じなさい。
    1単位目
    1.
     ①「予想なんだから間違ってもいいよ」「新しいことを学ぶんだから間違えて当たり前だからね」などと緊張感や恐怖感を取り除いてあげる。
     子どもはクラスメイトの前で、間違うことが恥ずかしい。間違わないために挙手をせず、大多数の予想に同意することがある。そこで、実験をする前に、なぜ予想を立てるかを子どもに理解させる。
     また、予想が違ったからと言って、クラスメイトから馬鹿にされたり、悪口を言われたりすると、仮説を立て予想することが嫌いになってしまう。そこで、実験前に予想を立て、ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。