理科教育法1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数766
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    理科教育法1
    1単位目
    1.たのしい生物の授業プランである<生物と細胞>の第1部「生物と細胞」では、どのようなことを教えとしようとしているのか、また、生徒はプラン第1部のどんなところに感動するのだろうかを予想し、述べよ。
    2.「<細胞の発見>から<細胞説の提唱>までどうして170年かかった」について、その理由を述べよ。
    2単位
    たのしい生物の授業プランである<生物と細胞>の第2部「細胞と生物」では、どんなことを教えようとしているのか。また、生徒はこのプラン第2部のどんなところに感動するのだろうかを予想し、述べよ。
    「いくら細胞のきれいなスケッチをしていても細胞説提唱できなかった理由」を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    理科教育法1
    1単位目
    1.たのしい生物の授業プランである<生物と細胞>の第1部「生物と細胞」では、どのようなことを教えとしようとしているのか、また、生徒はプラン第1部のどんなところに感動するのだろうかを予想し、述べよ。
    2.「<細胞の発見>から<細胞説の提唱>までどうして170年かかった」について、その理由を述べよ。
    2単位
    たのしい生物の授業プランである<生物と細胞>の第2部「細胞と生物」では、どんなことを教えようとしているのか。また、生徒はこのプラン第2部のどんなところに感動するのだろうかを予想し、述べよ。
    「いくら細胞のきれいなスケッチをしていても細胞説提唱できなかった理由」を述べよ。
    1単位目
    1. この「生物と細胞」では、体の器官を図入りで解説している。このテキストでは読者、子どもに「生物と細胞」に興味を持ってもらうことを狙いとしている。しかし、無意識に体の器官を観察したり、解説を読んでも何も見えてこない。「筋肉の細胞は、こういうふうにできているのではないだろうか。」と仮説を立てながら読み、自分の体を観察していくことで、本当の観察ができ、理解できる。つまり、何も仮説を立てず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。