理科教育法2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数623
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    理科教育法2
    1単位目
    1.たのしい物理の授業プランである≪電気を通すもの・通さないもの≫では、どんなことを教えようとしているのか、また生徒はどんなことに感動するのかを予想し、述べよ。
    2.教育学の原則には「易しい問題から難しい問題の順に教えるのがよい」というものがあるが、著者は≪電気を通すもの・通さないもの≫の授業で、あえて難しい問題から入る授業の組み立てをしている。その理由を述べよ。また、そのことについて私見を述べよ。
    2単位目
    1.たのしい物理の授業プランである≪光と虫めがね≫の授業の流れにそって要点をまとめよ。また、その中で自分が「これは生徒が感動するに違いない」と思えた【問題】や【お話】を一つ選び、選んだ理由を述べよ。
    2.著者は、「科学とは何か」で「科学は<事実に重きを置く>のではなく、<仮説と実験・事実の再現性に重きを置く>」と述べている。このことについてテキストで学んだことをまとめよ。
    参考文献
    板倉聖宣著 科学と教育 仮説社 2008

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    理科教育法2
    1単位目
    1.たのしい物理の授業プランである≪電気を通すもの・通さないもの≫では、どんなことを教えようとしているのか、また生徒はどんなことに感動するのかを予想し、述べよ。
    2.教育学の原則には「易しい問題から難しい問題の順に教えるのがよい」というものがあるが、著者は≪電気を通すもの・通さないもの≫の授業で、あえて難しい問題から入る授業の組み立てをしている。その理由を述べよ。また、そのことについて私見を述べよ。
    2単位目
    1.たのしい物理の授業プランである≪光と虫めがね≫の授業の流れにそって要点をまとめよ。また、その中で自分が「これは生徒が感動するに違いない」と思えた【問題】や【お話】を一つ選び、選んだ理由を述べよ。
    2.著者は、「科学とは何か」で「科学は<事実に重きを置く>のではなく、<仮説と実験・事実の再現性に重きを置く>」と述べている。このことについてテキストで学んだことをまとめよ。
    参考文献
    板倉聖宣著 科学と教育 仮説社 2008
    1単位目

     「豆電球と電池をつないだ回路の間に何かを入れたら、豆電球に明かりがつくでしょうか。」という仮説実験を行い、どういうもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。