教育方法学 第2設題 合格レポート A判定 2016年度対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数763
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教員の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
    この資料は、佛教大学通信教育部の教育方法学の課題レポートです。
    判定はA判定でした。
    レポート作成では、他の学生はどのようなレポートを作成しているのか、気になります。
    慎重な方ほど、どのようなレポートを作成すれば良いのか、なかなか手をつけられないこともあると思います。
    特に仕事をされていると、帰宅しても仕事のことが頭から離れず、レポート作成が進まない方もいらっしゃいます。
    レポートを作成する際の参考にしていただけると幸いです。
    佛教大学以外の方も、どうかご参照ください。
    OECDが行っている生徒の学習到達度調査(PISA)で求められている能力を高める授業と評価の方法について、教えることを中心とした場合と、学習することを中心とした場合の設計手続きの違いを踏まえ、それぞれの場合における学習指導設計および評価方法を提案しなさい。
    PISA調査が求めている能力
     国際標準の学力..

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この資料は、佛教大学通信教育部の教育方法学の課題レポートです。
    判定はA判定でした。
    レポート作成では、他の学生はどのようなレポートを作成しているのか、気になります。
    慎重な方ほど、どのようなレポートを作成すれば良いのか、なかなか手をつけられないこともあると思います。
    特に仕事をされていると、帰宅しても仕事のことが頭から離れず、レポート作成が進まない方もいらっしゃいます。
    レポートを作成する際の参考にしていただけると幸いです。
    佛教大学以外の方も、どうかご参照ください。
    知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教員の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
    OECDが行っている生徒の学習到達度調査(PISA)で求められている能力を高める授業と評価の方法について、教えることを中心とした場合と、学習することを中心とした場合の設計手続きの違いを踏まえ、それぞれの場合における学習指導設計および評価方法を提案しなさい。
    PISA調査が求めている能力
     国際標準の学力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。