地理歴史科教育法第2設題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数582
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理歴史科教育法 第2設題
     <科目の性格と目標>
     「学習の対象を狭い意味の自国史のみに限定することなく、各時代における国際環境との関連を視野に入れ、空間的なかかわりや世界史的な観点から我が国の歴史と文化を重視したものである。」とある。
     自国史と言っても、飛鳥時代、室町時代、江戸時代など各時代によって日本の範囲が違ってくる。日本という国家を指し示す場合、当時の政権が存在した地域を中心に国家を捉えている。つまり、平安時代以前は京都・奈良を中心に、江戸時代以降は関東を中心とした視点に立っている。そのため、東北地方、北海道、沖縄は独自の歴史を辿ってきたにも関わらず、大和民族を中心とした政権に組み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。