S0527学校教育課程論 合格レポート A判定 2016年度対応

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数713
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
    この資料は佛教大学通信教育課程、学校教育課程論の第一設題のレポートです。
     評価はA判定でした。A判定のレポートのみの販売となります。
    これからレポートを作成される方は、ご参照ください。
     また、佛教大学以外の方でも、学校教育についてのレポートを作成される方はご参照ください。
     この資料を閲覧いただき、感謝しております。ありがとうございます。
    第1章 教育課程の基準
     平成10年学習指導要領が改訂された。年間授業時間が小学校・中学校では70時間削減された。また、完全週休5日制となり、授業時間の削減と学習内容の削減である。
     平成24年実施の学習指導要領では、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <資料の説明>
     この資料は佛教大学通信教育課程、学校教育課程論の第一設題のレポートです。
     評価はA判定でした。A判定のレポートのみの販売となります。
    これからレポートを作成される方は、ご参照ください。
     また、佛教大学以外の方でも、学校教育についてのレポートを作成される方はご参照ください。
     この資料を閲覧いただき、感謝しております。ありがとうございます。
    教育課程とは何かについて、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめなさい。
    第1章 教育課程の基準
     平成10年学習指導要領が改訂された。年間授業時間が小学校・中学校では70時間削減された。また、完全週休5日制となり、授業時間の削減と学習内容の削減である。
     平成24年実施の学習指導要領では、各教科において授業時間の変更があった。総合的な学習の時間が削減された。また、総授業時間数も増加した。授業時間が増加した教科は、国語・算数・理科・社会・体育である。授業時間が変化していない教科は、図画工作・家庭科・音楽・生活・道徳・外国語活動・特別活動である。つまり、芸術科目や実技科目は体育を除いて、授業時間に変化はない。主要教科と体育が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。