R0113日本語学概論 科目最終試験 95点 2016年試験にも出題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,413
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目最終試験問題
    『方言・標準語・共通語について説明せよ。
    参考文献
    坂井健著 日本文学概論 佛教大学通信教育部
    宇野義方著 国語学 学術図書出版社
    田中春美著 入門ことばの科学 大修館出版
    新井洋一著 国語百科 大修館出版
    大槻満著 教科教育法国語1 佛教大学通信教育部
    大槻満著 教科教育法国語2 佛教大学通信教育部
    現代の国語における共通語の構造を知ることは大切なことであるが、共通語を形成した母胎とも言うべきものは方言である。もちろん、共通語の形成にどの程度まで関与したかは方言によって異なるが、日本にどのような方言があるかの概略を知っておくことも重要である。共通語だけでは偏ったものだと考えるのである。
    方言を使う生活は、各地の人々の毎日送っているものであって、まことに生き生きとしたものである。自分の母語としての方言..

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本語概論 科目最終試験 模範解答
    この資料は、佛教大学通信教育部、日本語概論の科目最終試験、模範解答です。
    科目最終試験では、この資料を丸写しするのではなく、ご自身の言葉で述べてください。
    この試験問題は、複数回出題されており出題頻度が高い問題です。ご参照ください。
    参考文献
    坂井健著 日本文学概論 佛教大学通信教育部
    宇野義方著 国語学 学術図書出版社
    田中春美著 入門ことばの科学 大修館出版
    新井洋一著 国語百科 大修館出版
    大槻満著 教科教育法国語1 佛教大学通信教育部
    大槻満著 教科教育法国語2 佛教大学通信教育部
    科目最終試験問題
    『方言・標準語・共通語について説明せよ。
    現代の国語における共通語の構造を知ることは大切なことであるが、共通語を形成した母胎とも言うべきものは方言である。もちろん、共通語の形成にどの程度まで関与したかは方言によって異なるが、日本にどのような方言があるかの概略を知っておくことも重要である。共通語だけでは偏ったものだと考えるのである。
    方言を使う生活は、各地の人々の毎日送っているものであって、まことに生き生きとしたものである。自分の母語としての方言..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。