教科教育法国語2 第1設題 合格 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,097
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高校一年生が学ぶ小説教材「羅生門」(芥川龍之介)を詳細に教材分析したうえで、物語の構造、作者の作品作りの工夫を明らかにしなさい。

    レポート課題の前から、芥川龍之介の作品は、たくさん読んでいました。
    学習指導要領、高校の教科書ガイドなどを参考にしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高校一年生が学ぶ小説教材「羅生門」(芥川龍之介)を詳細に教材分析したうえで、物語の構造、作者の作品作りの工夫を明らかにしなさい。
    状況設定
    ・ある日の暮れ方のことである。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。
    ・いつ─ある日の暮れ方。どこで─羅生門。だれが─1人の下人。
    何を─雨やみを待っていた。
    ・冒頭の2文にすべての状況設定が書かれている。短編小説の定石。
    場所(羅生門)について
    ・朱雀大路にある。・荒れ果てた。・狐狸が住む。盗人が住む。・引き取り手のない死人を捨てに来る。
    ・平安時代のメインストリート。
    ・羅生門は朱雀大路の南端にある。 ①メインストリートであるにも関わらず人がいない
    ②荒れ果てている理由は。 ・京都には、地震や辻風や火事や飢饉などの災害が続いて起こったから。 ③狐狸や盗人や死体がある羅生門には、誰も寄りつかないのに、下人がいることに注意  する。
    ・洛中と洛外の境目。・下界と遮断された非日常的空間。 2.時間(ある日の暮れ方)について ①時代は。・平安時代末期。・時代の境目。
    ②季節は。・晩秋。・きりぎりす(コオロギ)がいる。
    ・火桶がほしい寒さ。(これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。