教科教育法国語1 第2 設題  A判定 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数780
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学1年生の3学期に学習されている文学教材「トロッコ」(芥川龍之介)を詳細に教材分析し、その構造や工夫を明らかにしなさい。
    作品を引用した部分は『』で括る。また、漢字や表現は原文のままとする。
    〈トロッコ〉の末尾は『良平は二十六の年、妻子と一しょに東京へ出て来た。今では或雑誌社の二階に、校正の朱筆を握っている。が、彼はどうかすると、全然何の理由もないのに、その時の彼を思い出すことがある。』とある。〈トロッコ〉は、芥川龍之介と親交があった湯河原出身の力石平蔵が、少年時代の思い出を芥川龍之介に話したところ、芥川龍之介が一晩で書き上げたという作品である。力石平蔵は〈トロッコ〉の文章通り、雑誌社で校正の職に就いていた。
     『小田原熱海間に、軽便鉄道建設の工事が始まったのは、良平の八つの年だった。』明治の中ごろ、湯河原は小田原と熱海を走る鉄道が通っていた。開通時は、人力の人者鉄道であった。明治四十年に蒸気機関車が走るようになった。その人者鉄道から蒸気機関車への切り替えのための工事が、〈トロッコ〉の背景である。
     『良平は二つ下の弟や、弟と同じ年の隣の子供と、トロッコの置いてある村外れへ行った。』..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。